東京教育専門学校

変わらぬ真理を、未来へとつなぐ。

時が動き、社会が変わっても、和田實の幼児教育論は教育の基本として変わることがありません。
確かな専門知識と豊かな人間性を持った人材の育成が、東京教育専門学校の使命です。

本校が理想とする保育者の姿。それは高度な専門知識や技術を持ち、心身両面から子どもたちの健全な成長を支えていく、人間的魅力にあふれる人材に他なりません。
本校では、保育現場での豊かで深い経験を持つ講師陣によるカリキュラムに加え、学生の自主性を尊重した指導を行い、2年間という短い期間を最大限に活用し、豊かな教養・専門知識・専門技術を確かに修得した、幼児教育・保育のプロフェッショナルを養成しています。
その教育の根底には、子どもの自由な意志を大切にし、豊かな個性を育てていく「感化誘導」の理念があるのです。本校の創設者である和田實の主張は、幼児教育の原点として脈々と受け継がれ、東京教育専門学校の教育内容にも反映されているのです。


東京教育専門学校の特長

本校では全員が幼稚園教諭・保育士資格が卒業と同時に取得できます。また、選択制によりその他の3つの資格が取得可能です。詳しくはこちら。
●幼稚園教諭2種免許(国家資格)
●保育士資格(国家資格)
○ 救急・蘇生法適任証
○ レクリエーション・インストラクター
○ 乳幼児健康体育指導士

目白駅前の校舎です。池袋駅、高田馬場駅からも徒歩圏内です。詳しくはこちら。

東京教育専門学校は90年以上に渡り幼児教育者・保育者の養成を行っています。

「たのしく弾くピアノ教本」
本校へ入学してくる学生のなかには、ピアノにまったく触れたこともないため、ピアノが「難しい」と感じてしまう学生も多い。本校では、初心者の学生が2年間でピアノを弾けるよう、独自の教本を作成。全曲歌詞の付いた曲を選び、保育の現場に直結した曲目を習得させることで、大きな成果をあげる事ができています。
「すてきな保育者をめざして」
多くの著者の協力のもと、保育者になるための準備として必要不可欠な事象を収載し、保育者を目指す方々が第一歩を踏み出すときの大きな支えになる教科書を作成。全編カラー写真、イラストなどにより親しみながら必要な知識を身につけられる本になっています。

令和元年~令和3年の平均退学率2.4%(保育系学校の全国平均退学率約8~9%)。担任制や先生に気軽に相談出来る体制作りなど、きめ細やかな学生指導を行っています!


2年間学費(189万円)+教科書・教材費等の2年間合計が205万円(以下)となります!(全国の専門学校2年間学費平均約220万+教科書・教材費等)詳しくはこちら。

各種奨学金があります。学費免除となる奨学金や5年間保育士として働くと返還免除となる奨学金などもあります!詳しくはこちら。

学校紹介ビデオ

保育者になるために
学校案内ビデオ1分30秒Ver


東京教育専門学校の歴史

東京教育専門学校についてもっと知りたい方は