寄付金のお願い
学校法人和田実学園へご支援のお願い

理事長挨拶


 本学園はこの度、個人(教職員、卒業生、一般有志者)及び法人・団体の皆様に寄付金のご支援をお願いすることにいたしました。

 学校法人和田実学園は、幼児教育を教育学の体系に位置づけて科学的に論じ、日本における独自の保育学を主張した和田實によって創立されました。和田實は理想とする保育を実践するために、1915年(大正4年)に目白幼稚園を設立後、 理想とする保育を実践するためには良い保育者の必要性を痛感して、1930年(昭和5年)に東京教育専門学校を創立しました。創立者和田實と二代目校長芦田昇に依って示された建学の精神「知性と愛と自由」。その精神に満ちた善良な市民としての人格の基礎を培う幼児教育思想を実現するため、 教育理念として「感謝・尊敬・寛容を中心とした性格陶冶を基礎条件とした誘導的方法による幼児教育」を明確に位置づけました。 「その教育理念を理解し、職業人・社会人として必要な資質の完成を目指すため、出会う人と共に感動を共有しながら地域社会に貢献できる人材の育成」を東京教育専門学校の教育目標として、創立以来有為な人材を数多く輩出してきました。 しかしながら、専門学校を取り巻く環境は、18歳人口の減少、保育者養成校の増加、4年生大学志向傾向等により一層厳しさを増しております。今、大変厳しい状況に置かれているからこそ、学園としての独自性を再構築しなければならなと考えます。 それは、学園関係者の皆さまによって我々は支えられていることへの感謝、尊敬、寛容の精神を改めて認識するということです。それこそが和田実先生の教育理念の根幹です。子どもたちに学生たちに、あのような大人になりたいと思ってもらい、我々もそんな人に育って欲しいと願う学園でありたいと考えます。我慢する時も喜びも共に分かち合って存在していきたい、その時間に誇りが持てるよう、出会えたことの奇跡に感謝出来るような学園として存続していきたいのです。
 現在、世界全体が厳しい事態に直面し、社会状況、経済情勢の悪化と苦闘している中ではございますが、子どもたち学生たちが本学園での学業を成就し、社会で活躍できる有意の人財として育っていくことが出来ますように、本学園における寄附金の趣旨をご理解いただき、ご協力賜りますよう心からお願い申し上げます。 これまでにも本学園に対して、課外活動、行事、就職支援、など様々にご支援を頂戴しておりますが、このより一層の充実を図るためお力添えを賜りたく心よりお願い申し上げます。

1、寄付金の活用内容
 本法人の設置校(目白幼稚園、東京教育専門学校)において、次の活動等への支援に活用いたします。

【個人の方・法人の方対象の寄付】
 @学生及び園児に対する奨学制度
 A教育・研究に対する支援
 B教育研究用施設設備への支援

【個人の方のみ対象の寄付】
 C地域社会との連携に対する支援
 D文化交流・体育活動等への支援
 Eその他法人における教育研究活動遂行に対する支援

2、募集期間
2021年12月1日より随時
3、寄付金の種別
@個人の寄付金 1口3,000円より
A法人の寄付金 法人寄付については申請中のため、申請完了後掲載いたします。
4、寄付の申込方法
 現金での寄付をお願いしております。寄付にご賛同いただける方は、お手数をおかけしますが、下記の「申込書」をダウンロードし必要事項をご記入の上、学校法人事務局へご持参いただくか、郵送又はFAX(03-3983-3386)にてご送付くださいますようお願いいたします。なお、ダウンロードができない場合等、学校法人事務局までお電話を頂ければ事務局より寄付申込書を送付させていただきます。 (電話:03-3983-3385)

5、申込書(PDF)
@個人の方
 寄付申込書(PDF)
A法人の方
 法人寄付については申請中のため、申請完了後掲載いたします。

6、税制上の優遇措置について
 個人の方は所得税法にて、法人の方は法人税法による優遇措置が受けられます。

@個人の場合
 当該年中の寄付金が2,000円を超えた場合、所得税法の特定寄付金として寄付金控除の適用を受けることが出来ます。
手続方法は、確定申告期間に本学園が発行する「寄付金の領収書」及び「特定公益増進法人証明書(写)」の2点を添付のうえ、所轄税務署に確定申告してください。
※申し訳ございませんが、本学の寄付金受領実績は多くありませんので、税額控除適用の証明書は発行できません。

A法人の場合
法人寄付については申請中のため、申請完了後掲載いたします。

※寄付金に関するお問い合わせ先
 ご不明点、ご相談がございましたら、法人本部事務局までお問い合わせください。
(電話:03-3983-3385 FAX:03-3983-3386)

ALL Right Reserved, Copyright (c) WADA-MINORU GAKUEN